News

2015.11.15

15日日曜、熊本でのペルシャ絨毯展最終日です!

熊本市川尻・くまもと工芸会館でのペルシャ絨毯&キリム・ギャッペ展が15日日曜日最終日(最終日のみ16時まで)となります。

初日に6畳用などの大きなサイズの絨毯以外、殆ど完売したお買得商品ですが最終日にもお買得商品を新たに加えました。キリムは半額の2万円~ございます。その他の商品も最終日ならではの価格にてご提供いたしますので是非この機会にご来場くださいませ。

今回はギャッペを始めキリムなどにご興味があるお若いお客様が沢山来てくださいました。お使いの絨毯やキリムにアクセントとして上手にもう一枚加えられて下さいました。よく「絨毯を買う前に今使っている家具も変えないと合わない」と仰る方がいらっしゃいます。でもペルシャ絨毯やキリムは、今お使いの家具やお家そのままで使って溶け込むだけでなく、グレードアップや雰囲気を変えることができます。昨日いらしたお客様はお家のリフォームする代わりに絨毯を敷いてみるだけで家が変わると仰っていました。正にその通り、一枚の存在感が絶大です。

先ずは是非、一枚この機会に試してみませんか。お誘いあわせの上是非ご来場くださいませ。

ヤラメ別角度2

2015.11.12

ペルシャ絨毯・キリム・ギャッペ展@川尻くまもと工芸会館 開催中です!

くまもと工芸会館でのペルシャ絨毯・キリム・ギャッペ展、2日目も沢山のご来場ありがとうございました。

熊日新聞の広告やリビングを見てきてくださる方々が多く初めてご来場くださる方々がいらっしゃることはとっても嬉しいです。そして「ペルシャ絨毯の見方が変わりました」と仰って下さることも喜びです。「高級品」で決まったデザインの物ばかりの物と思われがちですが 渋いデザイン・甘い色合い・かっこいい組み合わせ・華やかな花々・キュートな動物たち等々 デザインや色使いはいろいろ。皆様のセンスのツボとなる一枚が見つかるはずです。まずは一度ご来場いただき手に触れてみてください。世界中で愛され続けるペルシャ絨毯の魅力を納得頂けるはずです。

展示会は15日日曜16時まで。お待ちしております。

クムシルク

2015.11.11

ペルシャ絨毯展@くまもと工芸会館(川尻)

DSC_2285

静物画「バラ」 ウール&シルク タブリーズ産

DSC_2283

くまもと工芸会館2015年

 

11月11日水曜日~15日日曜日(10時から17時、最終日16時まで)くまもと工芸会館にてペルシャ絨毯&キリム・ギャッペ展を開催いたします。100枚以上のコレクションを一度に見れますのでお気に入りの一枚を探すには絶好の機会です。今回はキリムを大特価にてご用意しております。ギャッペは一万円からございます。ペルシャ絨毯の魅力、扱い方、歴史もご丁寧に説明致します。そして何と言っても試し敷き。会場で選んでいただいた絨毯をご自宅にて試し敷きして頂けます。

メンテナンスも承っております。沢山のご来場お待ちしております。

お問い合わせ info@shady-bear.com

2015.11.10

熊本でのペルシャ絨毯展始まります

実用画像1

福岡では沢山のご来場ありがとうございました。PCの環境が整わずHPを更新できず…残念。続いて熊本に来ております。

熊本でのペルシャ絨毯&キリム・ギャッペ展は11月11日(水)~15日(日)まで川尻にあります、くまもと工芸会館2階にて開催されます。こちらの会場はとっても広いのでサイズ別にゆったりとご覧いただけます。皆様にご好評いただいているのは何と言っても「試し敷き」。会場で沢山の絨毯をご覧いただきその上で選ばれた絨毯やキリムを実際にご自宅で試し敷きをしていただけます。広い会場ではサイズの感覚がわからなくなりますし、光やフローリングの色等で絨毯の印象も変わります。お安い買い物ではないので納得いく一枚が見つかるまでお付合いさせて頂いております。是非この機会に本物のペルシャ絨毯&キリム・ギャッペをお試しくださいませ!

尚、ここに載せている画像はギャッペとキリムをリビングに使って頂いている実用例です。サイドテーブルにトミカが乗っているのでご想像つくと思いますが小さなお子さんのいらっしゃるお若いご夫婦のお宅です。ソファ前にギャッペのベージュ系のハイグレードのギャッペを、サイドテーブルの下にはイランのキリムの産地でトップグレードのシルジャン産のキリムをお使いいただいています。優しい色合いのフローリングの色に溶け込みつつしっかり主張するギャッペ、天然素材ならではの温もりが感じ取れます。大きな絨毯をどんと敷かれるのも素敵ですが こちらのお宅のようにメインに大きめの絨毯を敷きつつ小さ目のお気に入りのキリムや絨毯をアクセントに使われる敷き方もとってもオシャレです。

2015.11.2

いざ福岡へ…

11月5日(木)~始まるペルシャ絨毯&キリム・ギャッペ展@福岡天神・警固神社ギャラリー。こちらのギャラリーは靴を脱いで畳の上に敷いてある絨毯をゆっくりとみて頂けます。手で触れ足で感触を楽しみ目でもその美しさを堪能する…そんな展示会です。

 

ヤラメ別角度2

本日ペルシャ絨毯&キリム展の為 福岡へ出発致します! 今回のおススメはお値段をぐっと抑えた大きいサイズ(6畳分の大きさやそれ以上)や30%オフのキリム、絨毯は半額商品1万円~という大特価もあります。安いからと言っても品質は下げないのがシャディ・ベアの魅力です。安心してお使いいただける「本物のペルシャ絨毯」「本物のペルシャキリム」のみです。またどこが魅力なのか、どうやって織るのか、使い方は??等の素朴な質問も丁寧にご説明いたします。こんなにたくさんの絨毯やキリムをゆっくり見て頂ける絶好のチャンスです。是非いらしてください。

2015.10.29

秋の展示会は福岡から!11月5日からです。

11月5日(木)~8日まで、福岡市天神警固神社ギャラリーにてペルシャ絨毯&キリム展開催いたします。100点以上、サイズはソファの上に置く座布団サイズから8畳分ある大きなサイズまで様々。ご希望のサイズがありましたら ご連絡いただければそろえておきます。また試し敷きも可能ですのでお気軽にお問合せ下さいませ。

ペルシャ絨毯って高級品のみがずらっと並んでいるように思われますが 今回は1万円の玄関敷きからあります。目利きの女性オーナーが厳選してきた一枚一枚、是非この機会に沢山の方々にお見せしたいです。

DSC_2141

ギャッペ 丸窓から眺める広大な大地のデザイン100×100㎝

2015.10.22

バクチアリ産のレアピースを敷いて頂いているF様邸

バクチアリオールド

HPトップページにさらっと載せているスライド画像。さらっと載せるだけでは勿体ないほどに素敵。なのでここでご紹介☆

バクチアリ民族はイランの絨毯をデザインする民族の中で最もグレードが高い(持論ですが…)。どのバクチアリ民族の絨毯を見ても色使い・モチーフ使いどれをとっても巧みを凝らしています。そんな持論が正にこの一枚で証明できます。画像の引きで見ると赤が目立ちますがボーダーの青とのコントラストに加えてすっきりと使われた白のバランスが絶妙。F様宅のような光沢ある明るいフローリングに溶け込みつつも主張をしっかりしています。色味が落ち着いているのは年数を経たオールドゆえ。この絨毯がもう数十年使って頂く中で、より一層色が落ち着きより一層美しくなるのは確実です。デザインもユニークなレアピース。バクチアリ民族はデザイン画はなく、代々民族で受け継がれたデザインや織り子のセンスを頭の中で構成して織り成していきます。だからこそ遊牧民の織る絨毯には大らかさ、といいますか、自由や優しさが感じられます。この絨毯もまた2枚とないオリジナリティ溢れるデザイン。この1枚で空間までもが大らかさを演出できる、存在感が絶大なペルシャ絨毯です。

 

2015.10.17

いよいよ秋の展示会が始まります!!

秋のDM

秋といえばペルシャ絨毯です。いよいよ秋の大セール始まります。今回は半額以下商品2万円~ご用意いたしました。

スタートは11月5日(木)~8日(日)福岡市天神 警固神社ギャラリー、そして 熊本11月11日(水)~15日(日)熊本市川尻 くまもと工芸会館、最後は東京 11月24日(火)~29日(日)広尾駅前ギャラリー広尾 です。随時 展示会情報や商品のご紹介を載せて行きます。

お探しのサイズやご相談ございましたら いつでもご連絡下さいませ。

info@shady-bear.com

2015.10.2

お子様OKなギャッペ

「子供が小さいのでペルシャ絨毯はまだ早いかな…」よくお客様が仰います。そんな時声を大にして言えること、「小さいからペルシャ絨毯ですよ!」ペルシャ絨毯は靴で生活している国でも使っている程、きちんとした絨毯は強いのです。ここでいう’きちんとした’ は丁寧な織り、質の良い染料と素材(ウールが主です)であり値段ではありません。

我が家は5歳と3歳の兄弟。ダイニングテーブルの下はギャッペです。超高級品ではありませんが 風合いと色使いが良くて家族のお気に入りです。勿論、お味噌汁・飲み物等々 毎日こぼします。現在7年ほど使っていますが全く変わりなく美しく使っています。

大事なことは こぼしたら水分だけは取りきる。乾いたタオルで叩いて水気はきちんと取る。これだけは徹底しておけば色が滲み出たりこぼしたところだけぺちゃんこになったり固くなったりしません。実際にしていません。息子たちも盛大にこぼした時はバスタオルを持って踏んで水気を取っています(^^)

今はダイニングに敷いていますがゆくゆく子供部屋に使っても良いかなぁと思うので、そんな時はクリーニングに一度出せばさっぱり綺麗になります。クリーニング代も高額ではありませんが ペルシャ絨毯専門の工場に出します。←この専門工場も大事な点です。

遊牧民の織るギャッペという種類のペルシャ絨毯は 素朴な柄とざっくりした織りと草木染ならではのソフトな色合いが人気です。そしてその柄に動物や女の子や植物が多いので それを指さして数えたりお話を作ったり柄を消しゴムで消そうとしてみたり(我が子の実話です)と子供の遊び場にもなります。

ペルシャ絨毯は100年でも使っていけます。なので小さな頃から使っていた絨毯を、家を出るときに持たせて孫の代にも使ってもらう…という楽しみもあります。だからこそ、お子さんが小さな頃から使って頂きたいペルシャ絨毯です。

ギャッペと子供

ギャッペ(118×169㎝)

2015.09.13

久々に晴れた秋空にお持ちの絨毯を干してみましょう

長い雨がやっとひと段落。この度の台風では私どもの大事なお客様が沢山いらっしゃる鹿沼にも被害が及び心よりお見舞い申し上げます。

やっと晴れた日々にお布団を干される方も多いと思います。ペルシャ絨毯・キリムも干してみましょう。

必ず裏を日に当てるようにして干します。大きくて干せないからは裏返して絨毯の裏に風を当てるだけでも違います。かつて 150×200㎝ほどのギャッペをベランダから干そうとして垂らそうと持ち上げてベランダから落ちそうになった方もいらっしゃるので 無理はされませんよう…

さっぱりとして秋を迎えましょう。